水産試験場ポイント

奥ノ内(水産試験場を通過し、その奥)

水産試験場カキ筏は、水深10m程度で潮の動きが悪いポイントです。ボーズも経験しますが、一発大物が出る場所です。
水深が浅いので、リールのドラッグを少し緩めておくべき場所です。同列の筏と筏の間にも仕掛けを投入すると良いでしょう。
K・讃岐さんによれば、大潮の11時頃満潮の潮を狙うと良いそうです。
同じ大潮でも、11時頃満潮の大潮でないと潮が動きません。11時頃満潮の中潮を狙っても潮が動きます。
2列〜5列の先頭でチヌを狙う人もいますが6列〜10列もチヌが釣れます。
橋本さんは1−9−2でチヌを狙います。
7列で5月に筏から海中を見ると40cm級のチヌがウヨウヨしていた事があります。
カレイは中型が数釣れますが、乗っ込み時期には草フグ・チャリコの餌盗りが多いですが30cm程度のカレイが釣れます。
最初に1集団10列でカレイが釣れ始めます。グチは30cmを超える良型が釣れます。

奥ノ内筏

潮の動きの悪い場所ですが、
大きい動きの潮を狙えば大漁です。
満潮で潮位が330cm程度が釣れるそうです。
チヌ、真鯛、チャリコ、キス、カレイ、グチが釣れます。
1・2集団3列4列でよく釣っています。
釣れなければ、ボーズを覚悟して下さい。
11・12月は、1集団はキビレが多いです。
1・2集団が、カレイは釣れています。1−5の灯の付いてる筏も狙い目です。
2−4−5で1月29日旧暦2大潮で、カレイ38cm36.5cm35.7cm31cm
3月1日潮位365cmの新月の大潮で、カレイ35.5cm〜30cmが7枚。
3月16潮位331cmの満月の大潮ではカレイ30cm〜23cmが5枚〜10枚。
5月6月の満月の大潮でチヌ大漁の実績があります。
4月20日満月の大潮1−2−4で、チヌ43.8cm38cmアイナメ37cm
3−3−5でチヌ41.7cm39.8cm39.5cm。
3−3−4で、2月26日旧暦1日にカレイ38cm36cmを含め、16枚。
ここは釣れそうにないと感じますが、実際は釣れています。
筏のみ見て、潮の流れるそうな岸から離れた端っこに降りたがりますが、
海底の起伏は見えて無く、中央部分が潮が動くのかも?
乗っ込み時期にも釣れると思いますが、餌盗りの猛攻撃で釣れないかも?
台風接近前にチヌが大漁の実績があります。
11月末までチヌは期待できます。
11月旧暦17日、真鯛47cmの実績
11月旧暦16日カレイ7枚キス5匹等
5集団の1の1の付近に二カ所魚礁があり、
潮通しは悪いが、カレイ・アイナメ・チヌが釣れます。
チヌはキビレが多いです。
飛びエイが入っている事があるので、竿を筏に寝かせないように。
道具が海中に引き込まれます。
カレイの時期に、長い竿と長い仕掛けで筏際に流れと逆に降ろし、
筏下に仕掛けを流しこんで釣る方法もあります。
大型カレイが釣れています。

1集団10列は満ち潮でチヌが良く釣れます。
11月からのカレイ乗っ込み時期も釣れます。
水産試験場カキ筏配置図

1-8-3で4月10日旧暦4で10時迄に
カレイ13枚40cm級も混じる。

A(3−10−4))で平成12年5月21日
スズキ65cmが釣れました

澪筋(みおすじ)があります。
(航路で海底がえぐれてる。)
9列も良く釣れるポイントです。

筏集団の中央部分に小さい島が有ります。
潮が低いと現れます。
この岩付近は、漁網がよく入ります。
1
2
(筏を特定する方法は、筏集団−列−波多見から数えて何番目で表現しています。)
B
3
A

魚礁は最初一カ所だったのですが、高く盛り上げ過ぎて船の底が衝突して、
一部を別の場所に移動したと聞きましたので、二つは近くに有ると思います。
右の魚礁は仕掛けを投入して確認しましたが、奧の方は、船頭の指さした方面で、
実際に位置の確認はしてはいません。
グーグルアースで魚礁は見えないので、海水の透明度は低いと思います。

B(1−5−4)で平成11年9月12日グチ36.4cmが釣れました。
1−5−2平成22年3月14日旧暦29の大潮で、カレイ37.8cm34.4cm
その他、チヌ・ギザミが釣れます。近くに沈み磯が有る事がわかりました。
筏の前方にチョイ投げも釣れます。
CDは30cm超えのカレイ、アイナメが釣れます。
2月〜4月の釣り荒れしてない時期を狙います。
Dで平成20年4月20日カレイ38.2cm
2月10日旧暦1日1−9−2アイナメ43.4cm41cm39.5cm32cm
カレイの時期は、筏際の筏の前方、後方だけでなく、筏と筏を繋いだワイヤーロープの間が釣れます。
2の集団は釣り荒らされてないので、潮が大きい時に挑戦したらいかがでしょうか?
過去には、2−8、9、10で釣っていました。
直線上に配置
 map  アジワ島  小情島  鈴鹿島
4
C
D
水産試験場

(奥ノ内の筏も説明しています)