2016/12/25日の出7:14  旧暦27 中潮 満潮79:35 281cm 干潮13:30 136cm(晴れ)7:00〜13:00
  今年はカレイが釣れないと聞いていましたが、鈴鹿の筏は12月20日過ぎから釣れているので、鈴鹿2−1−4で釣りました。ワカメは全く生えて無く、水温がまだ高いのでしょう。
抱卵カレイ33.5cmは3番と4 番筏の間で8時20分に釣れました。去年も同じ場所で釣れています。その後は島方面に投げた竿に抱卵カレイ27cmが釣れましたが、餌盗りもいなくて餌がふやけて上がって来ました。偶に釣れるのは、小さいグチでした。
グチは三枚に下ろし、腹骨を削ぎ、皮を引きフライで食べました。
船頭によれば、カレイは底にいるそうですが、釣り餌を食べないので釣れないそうです。
それは、カレイが網に掛かるから、カレイは既に入っていると分かるそうです。
カレイは丸々肥えてるから、食べてる餌が分かれば釣れるのでは?
鈴鹿島筏の2−1−6の島方面の入り江の入り口の先頭で、カレイ36cmが釣れたと言ってました。
奥に入った人は釣れてないので、入り口なので運良く潮が動いたのでしょう。
私 カレイ33.5cm27cm
2016/10/30日の出6:28  旧暦30 大潮 満潮09:30 355cm 干潮15:34 83cm(晴れ)7:10〜12:20
今日は、4時20分に自宅に集合して、渡船場に行きましたが、1便は出発していて、2便になりました。竿出ししたのが7時10分でしたので、地合を逃したかも。
ヘッドライトを持参しましたが、明るくなっての出発でしたので、必要無かったです。
今日は、ジャンバーとサングラスを忘れ、ライフジャケットで寒さをしのぎました。
私は小情島筏1−3−1で釣りました。1−2−1を狙っていましたが、筏が沈み竹が古く折れそうだったからです。この筏は空筏で、船の通過の波が来たときは、横に振られるので非常に難しかったです。筏の端の場合、反発力で跳ね上がるので立っているのが困難でした。
満ち潮ではタイ虫に真鯛34cmが釣れたのみでした。引き潮に変わり、11時5分から20分に真鯛35cm43cm47cmがタイ虫に釣れました。真鯛の釣れた場所に、空筏なので、筏の前後に集中して仕掛けを投入しました。それ以後は、全く釣れなくて餌盗りもいない海になりました。

本虫ではキビレ、トラハゼ、カサゴ、チャリコが釣れました。
12月中旬までは、真鯛狙いで良いと思います。12月下旬から鈴鹿島筏でカレイを狙います。
 
私 真鯛47cm43cm35cm34cm
 
2016/09/22日の出5:58  旧暦22 小潮 満潮13:37 343cm 干潮07:09 54cm(雨)6:30〜11:30
  弟・河崎さんコンビは、2番3番の深場で太刀魚を釣りました。
ドラゴンを含めて5匹づつでした。この場所は10月も釣れるそうです。

私は潮が濁っているとか、塩分濃度が薄いとか、潮が大きいときは3番は潮が動かないとか考え、小情島の海峡1−4−1で釣り、タイ虫は手に入らず、細い本虫餌で房掛け、縫い刺しでチヌ45cm35cmを釣りました。チヌ針の8号を用いましたが、クサフグに何本も5号ハリスを噛み切られました。
他にはチャリコ、カサゴ、大きいトラハゼ、太い穴子が釣れ大漁でした。
エイも2匹竿を曲げました。頭が良いのか、流れに逆らってカキの中に入りハリスを切りました。今日は小潮ですが、潮が大きいと船頭が言うので聞くと、大潮でも小さい潮もあるそうです。潮の大きさでは無く、順番に付けているからと言うと、頷きました。釣行の日を、単純に大潮を探して決めるのでは無く、潮位差を見て決めるのが正解でしょう。

 私 チヌ45cm35cm
2016/08/21日の出5:35  旧暦19 中潮 満潮11:34 373cm 干潮05:32 62cm(晴れ)6:30〜11:30
  今日は潮位が373cmもあるので、流れすぎると感じ、海峡を外し小情島筏3−3−3に降りました。
真鯛はタイ虫で一番最初に投げた竿に釣れました。その後は潮が動かず、全然当たりも無く
10時には暑いし釣れないし、釣りに飽きてしまっていました。
チヌは、納竿間際に本虫に釣れました。エイも二度竿を曲げました。
3−1−1には太刀魚釣りに船が7艘着いていました。
3−2−2の河崎さんは、冷凍イワシで太刀魚を4本釣りました。
半月も経過すれば気温も下がり、釣りシーズンになると思います。
私 真鯛24cmチヌ37cm 
2016/07/18日の出4:39  旧暦15 大潮 満潮08:19 306cm 干潮14:45 51cm(晴れ)6:30〜11:30
今日は、投げ釣り3名以外2名で極端に少なくなっていました。昨日は、三宅さんが、小情島筏3−4で本虫で真鯛68cmを釣ったそうです。クーラーに入れて魚を曲げても尾が出ていたそうです。今日は弟が3−2−4の沈んだ筏で釣りましたが、タイ虫2000円で真鯛40cm30cmが釣れたそうです。河崎さんは4−4−1で釣りましたがボーズでした。
私は海峡の1−7−2で釣りましたが、満ち潮は流れすぎ釣果は無かったです。引き潮に変わり、キビレ34cmとチャリコ2匹釣りました。チャリコはタイ虫で釣り、キビレは本虫で釣りました。
梅雨時期は、塩分濃度が薄まっているので、深場で釣れているように感じます。
 
2016/06/05日の出4:58  旧暦1 大潮 満潮09:26 342cm 干潮15:48 −13cm(雨)6:30〜11:00 
  風が強いので、島の風の表側の小情島筏2−3−2で釣りました。
筏が揺れてギーギーと音を出す事も無く釣りましたが、大物は釣れず、雑魚ばかりでした。引き潮に変わると急に深くなり、カサゴが入れ食いになりました。
カキ筏の投げ釣りでは、一家の食事以上の釣果があります。
チャリコは4匹を三枚おろしで腹骨を剥き、小骨を抜き、皮を湯引きして握り寿司にしました。河アさんは3−4−2でタイ虫で真鯛40cmを釣っていました。

河アさんによれば、満月の大潮でも潮が動かず、新月の大潮でも動かなかったそうです。津田さんより雨の日は潮が動かないと聞いた事があります。
広島も梅雨入りしたそうです。平年は7月20日頃梅雨明けします。
梅雨の期間は、真鯛が過去の記録では釣れています。
晴れを狙って釣行はいかがでしょうか?
 6月10日は小イワシ漁の解禁です。食べるのが楽しみです。
 私 キビレ31cm チャリコ、カサゴ、アイナメ
2016/05/22日の出5:03  旧暦16 大潮 満潮09:46 321cm 干潮16:03 23cm(晴れ)6:30〜11:00
小情島筏1−9−1の空筏で釣りました。満ち潮ではアイナメが全然釣れず、今まで釣れていたので、不思議な感覚でした。満月の朝は潮は動かないのか?
海峡に向けて投げた竿に、チヌが釣れました。
今回釣れたのは、潮変わりから引き潮にかけて真鯛、アイナメが釣れました。
真鯛は♀で、卵を抱えていました。
熊本さんは小情島筏1−8−1の空筏で釣りましたが、私と同様の釣果でした。
海峡に向けて投げている竿が多かったです。
熊本さんは船頭に、アジワに今度行きたいと言ってました。エイも多いが釣り荒らされて無いので何処でも釣れると言ってました。
小情島筏4−3−2で釣った河崎さんは、満ち引き共に潮が動かずボーズでした。

私 真鯛34.7cmチヌ31cm
 
2016/05/05日の出5:16  旧暦29 大潮 満潮08:27 345cm 干潮14:43 14cm(晴れ)6:15〜11:00
  小情島筏1−7−2で釣りました。先頭の筏は抜かれていました。
その筏の2と3の間にボートが停泊し、投げ釣りとサビキ釣りを行っていました。
竿が曲がるとクサフグで、餌盗りを引き受けていました。
蛸は海峡に向けて投げた竿に7時40分に釣れました。当たりを聞いた感触は、重いけど何か動いていると言う感触でした。玉網を用意して、巻き上げると蛸でした。
この筏は釣り荒らされてないのか、アイナメも竿を曲げました。
引き潮に変わり、流れと逆に投げた竿にアイナメの当たりがありましたが、ハリ外れで逃がしました。ハリスが長いので、カキの中に入られました。
弟と河崎さんは、小情島筏3−1で釣りました。河崎さんはタイ虫で真鯛55cmを釣りました。弟は居着きの太刀魚を釣りました。
帰りに藤本船頭より、コノシロを頂きましたが、雄は白子、雌は卵で、お腹はパンパンでした。
 
私 アイナメ32cm30cm30cm蛸1.6kg
2016/04/24日の出5:28  旧暦18 中潮 満潮10:45 323cm 干潮04:50 70cm(晴れ)6:40〜11:00
  小情島筏1−9−1はカキの収穫に来る可能性があるとの事で、1−9−2の空筏で釣りました。今日も潮は良く流れ、天気も良く釣れるのではないかと期待しました。空筏の場合、筏が歩く度にフワフワ揺れるので、竹が濡れている内は恐る恐る移動しました。9時迄はポツリポツリとチャリコとアイナメが釣れました。31cmの真鯛は卵を持っていました。チヌは浮いていると思いますので、投げでは釣れないと思います。
水産試験場にカレイ狙いが降りていましたが、今日は潮が動かなかったそうです。 弟は3−1で太刀魚狙いと真鯛狙いで忙しい釣りを行っていました。太刀魚は一匹、指4本程度のが釣れていました。河アさんは同じ場所で、本虫でアイナメ40cmを釣りました。
私 アイナメ31cm真鯛31cmキビレ38cm
2016/04/10日の出5:45  旧暦4 中潮 満潮11:32 344cm 干潮05:33 39cm(曇り)6:00〜13:00
  前回と同じく、小情島筏1−9−1で釣りました。今回は潮が流れすぎ全然当たりが無かったですが、時々潮が緩む時にチヌ仕掛けにアイナメが釣れました。
先月は短い仕掛けで釣れましたが、今回は長いチヌ仕掛けに釣れました。

1−8−1は空筏で、しかも青竹でしたので滑るので降りませんでした。
キビレは35.5cmでしたが、半分刺身で残りは煮魚と言う要望で貰って頂きました。
水産試験場1−8−3で釣った熊本さんが、カレイが大漁でした。
ロープとの間では釣れず、仕掛けを投げるので無、く真下に降ろす方法です。

先月は52.5cmのチヌも釣ったそうです。家で計ると2cm縮んでいたそうです。
 私 アイナメ31.5cm
40cm近いのを含め13枚の釣果でした。10時までに釣れました。その後は全く釣れなかったそうです。
水産試験場1−9−1で釣った上名
(かみみょう)さんは、カレイ6枚と言ってました。  
2016/03/20日の出6:14  旧暦12 中潮 満潮8:16 308cm 干潮14:27 91cm(晴れ)6:00〜12:00
  小情島筏1−9−1で釣りました。筏の半分は海水に浸かっている筏で、浮いている部分にコンパネを敷き釣りました。餌は本虫で、6時から7時は入れ食い状態でした。仕掛けは投げるのでなく、筏に沿って落とします。
長い仕掛けでチヌ狙いも行いましたが、当たりはありませんでした。
弟は1−8−2で釣りましたが、アイナメ5匹でした。先週私がボーズだった1−8−1は釣り荒らされてないので、アイナメが釣れると思います。
船頭によれば、カレイも肉厚になっているそうです。
チヌ狙いのフカセ釣りで、カレイ6枚釣った方もいるそうです。
 
 アイナメ30cm30.5cm33cm
2016/03/13日の出6:23  旧暦5 中潮 満潮12:32 330cm 干潮06:28 43cm(曇り)6:30〜12:00
船頭の忠告では、小情島筏1−8−1は先週三宅さんがボーズだったでしたが、三宅さんが釣らなければアイナメはいると楽天的に考え、同じ場所で釣り、潮が川のように流れボーズでした。筏としては、半分カキを収穫し半分沈み半分浮いているいかにも釣れそうな筏でした。

弟は船頭の話で、奥の内筏1−5−2でカレイを7枚釣りました。
弟のカレイ仕掛けは、ハリはマルセイゴ16号一本バリでハリスは2.5mの長さです。
長い竿を利用して、流れと逆に仕掛けと入れ筏の下に餌を流しこむ方法です。竿が長いのでカキ吊るに入られないそうです。
カレイ32〜38cmを3枚と23cm程度を4枚釣りました。水産試験場もそろそろ釣れるのでは?
 
2016/02/07日の出7:04  旧暦29 大潮 満潮09:13 331cm 干潮15:16 89cm(晴れ)7:00〜12:00
藤本船頭に、どこでカレイは釣れているか尋ねると、「海で釣れている」(^w^)「この近くの海じゃろ」と私は鈴鹿方面を指さしました。船頭と私とは冗談の言える関係になっていました。
「あっちより、こっちが釣れてる」と、小情島より鈴鹿が釣れている事を言いました。
ワカメの生えている筏に降ろしてと言ったら、暗いから分からんと回答がありました。
それで、鈴鹿島筏2−1−1へ熊本さん、続いて弟、続いて河崎さん、続いて私と2−2列に連続に降りました。
弟が2−1−2でカレイ34cm30cm手の平3枚を釣り、私は22cmが一枚でした。弟は、痩せてへろへろカレイと言ってました。
2−1−5の筏では、カレイ用の撒き餌をしていましたが、釣果に変化無しでした。
船頭の、あそこで釣れたの景気の良い話しと裏腹に、去年に比較して今年のカレイは全然釣れてないです。
花見カレイに期待するしかないと思います。
ワカメも生えてなかったです。熊本さんの筏で20cm程度のワカメが少し採れたそうです。
2016/01/02日の出7:17  旧暦23 小潮 満潮14:48 278cm 干潮08:19 112cm(晴れ)7:00〜11:00
  鈴鹿島筏2−1−4でカレイ狙いで釣りました。
しかし釣れるのはトラハゼばかりでした。8時迄はトラハゼとグチが釣れました。
8時に3−4の筏間に投げた竿を聞くと、ゴクゴクの大物カレイの当たりがあり、強い引きに
耐えて玉網に収容しました。玉網の中でハリスを引っ張ると、ズボッと抜けました。
玉網を使わなければ、確実に逃がしていたでしょう
満ち潮に変わると餌盗りも居なくなり釣れませんでした。
餌もふやけて、そのままの状態でした。
私 ♀カレイ35cm
鈴鹿島筏2−2−3に親子連れが降りましたが、船頭に「今日は釣れん」と言ってましたので、前回は釣れたと推測します。
ここはカレイ釣りの初期に釣れるらしい。
弟は2−1−6で、私と同様の釣果(カレイ32cmカレイ22cm)でしたが、グチが沢山釣れました。
今日のカレイは先発なので、もう少しでカレイの集団が鈴鹿島の筏下を通る筈と言ってました。

ワカメは生えていると聞いていましたが、私の降りた筏では生えていませんでした。
小情島筏1−7で釣った熊本さんは、運良く蛸を釣りました。根掛かりと思っていたら、横に逃げたので分かったそうです。   

トップ

過去へ
2015/12/13
直線上に配置
2016年・釣り情報

広島湾水温  水技センター地先水温
日の出・日の入り

過去の釣り情報
釣りマップの各ポイントに説明がしています