宮城鼻カキ筏配置図
宮城鼻
A
B
C
崖崩れ前
D
1  2  3  4 5 6  7 8 9(バンガローから数えると6列目)
宮城鼻は水深が30m有り
大潮の満ち潮で真鯛が釣れます。
グチも沢山釣れます。潮の流れが複雑です。
左から1.2.3列は真鯛・チヌが釣れます。
特に東端の一番沖1−5が良い。
筏が満ち引きで大きく動きます。
2−3付近は根掛かりします。
崖崩れ前の筏は真鯛・チヌの好ポイントです。
特に満ち潮が良いです。
真鯛50cm以上が釣れます。
一番沖が潮通しが良い。
一番沖から急激に落ち込んでいます。
6月5日旧暦4日中潮で55cm迄の真鯛大漁
7月12旧暦12日中潮で真鯛59.7cm
CとDで真鯛の50cm以上の実績あります。
島の近くはかぶせ釣りのポイントです。
チヌ・アイナメが釣れていました。
満ち潮でDの宮城鼻方向、
引き潮ではEの宮城鼻方向に沈み磯が有ります。
(崖崩れの図の左肩部分中央の延長)
8列9列は満ち潮で非常に接近します。
一番右の列は10月から釣れます。満ち潮が良い。
岩場に向けて投げます。
平成13年8月5日の実績(満ち潮)
Aで真鯛48.6cmチヌ36.5cm36.1cm
Bでチヌ37.5cm35cm33.8cm
カレイ32.7cm
秋にも釣れます。
大原湾
牛石ノ鼻
押島鼻
直線上に配置
黒山鼻
map
崖崩れ前
宮城鼻〜崖崩れ前のポイント

大原港から出港する船頭に、ドン突きの筏と言えばここです。
ここは狭い場所なので、釣り荒らされ易いので、船頭に聞き
釣り荒らされて無い時を狙うと良いでしょう。

どらごんさんの紹介した海底図面です

牛石ノ鼻方面を見る