エピソード
(会話は広島の方言です)
はい、それまでよ
私には二人の息子がいます。幼い頃から魚釣りに
興味を持つよう育てました。
危険ですが、ゴムボートで釣りに出かけた事も有ります。
作文には「パパとつりにいきました。
とんとかいてありました」と、書いていました。
一優と哲範
とんって何かな?子供は何を見ていたのかな?
海水浴に行けば池を造り、釣った魚を遊び相手にさせました。
パ〜パお魚いなくなったった〜
ギザミを遊び相手に、言ってました。
その結果、長男はカキ筏でチヌが釣れるまでになりました。
ギザミ
二男は、ワームのルアー釣りでメバルを釣って来た事もあります。
長男に新しいカーボンロッドを持たせ筏釣りをさせた時、根掛かりし筏の上を
竿を引いてラインを切っていた時、竹を踏み外し筏の上に倒れてしまいました。
長男が起きあがり、竿先を持って言いました。「(T_T)折れた〜」
二男の場合は、初めて筏釣りに連れて行った時、「うんち、どこでするん
と尋ねられ、「どこででも」・・これで私の夢は消えました。
負け惜しみ
筏から落ちたS岩さん。最初は冷たいと言ってましたが、
二度目は「
濡れとるけえ、冷とお無い」と言い、
「二度有る事は三度有る」と言うと、
もう、落ちゃあせんよう」と、言いましたが又、落ちました。
あんたと乗るとまんが悪い。前もリールと竿を落とした」と、
私のせいにしました。
(貴方と乗ると運が悪い。強調する場合は「まん糞が悪い」辞書では、
まんは間と書きます。広島弁では、運が良い場合はふがええ、
運が悪い場合はふがわりいと言います。)
滑って落ちそうなのを耐えています
ビギナーズラック
ビギナーの屋代島出身のT・川元君。私と釣行しチヌ37cmをゲット。
寮の仲間にほめられ、そのチヌで寮の仲間と小料理屋で乾杯しました。
二度目の釣行は、会社の釣り仲間にチヌの釣り方を教える立場になりましたが、
仲間の2mの舟竿に再びチヌがヒットし、玉網を持参してなくてスカリで
包んでチヌをゲットし、再び男を上げました。
うっかり
12月に、波止でカレイ釣りをしていたS岩さん。
波止である事を忘れて、竿を持って後づさりし、海に落ちました。

服の中に水が入り冷たいし、階段を探し必死になって泳いでも進まんし、
死ぬか思うた
」と、口を尖らせて言ってました。
島の親切な人が、風呂に入れて服も着替えさせて下さいました。
後日、奥さんと共に、お礼に伺ったそうです。
惚けの始まり
奥さんの看病のため釣りクラブを辞めた82歳のTさんに、同じく高齢のHさんが、電話で大黒神島筏での
釣りの話しをした所、Tさんは大黒神島筏には行った事はないと言われ、私に電話をして来ました。
「大黒神島の筏に行ったよの〜、Tさんが行ってない言うんじゃ」「TさんもHさんも行きましたよ」
「ほうじゃろ。あ〜えかった。Tさんが大黒神島には行った事は無いと自信をもって話すんで、わしが惚けたんかと思った」
「外に出ないTさんは、他人との接触が無いので惚けたんでしょうね」
筏での投げ釣りは、高齢になると、足腰が弱くなるので、筏上を歩けなくなります。
それでもコンパネを降ろし、そこから移動しないで釣りますが、船頭から危険なのでとストップがかかったらお仕舞いです。
 
広島弁は、いたしい^_^;(広島弁は難しい)
に到着し、筏釣り2回目の有Hさんにベテランが言いました。
「ここい、おりんさい。」
(ここに、いて下さいを、ここに降りなさいと勘違いしています。)
それを聞いて、有Hさんはコンパネも降ろしてない筏に、サッサと降りました。
私は思わず言いました。「危ないけえ、コンパネを降ろして、降り言え〜や。」
するとベテランは、「
(`m´#)わしは、ここにおれ言うたんじゃ」
                       (ここに居て下さいと言ったのです)
広島弁は、
しい。^_^;  (難しいを、強調した言い方)
竜宮城に直行
釣果の無かったS岩さん。いにしな(帰りがけに)、活魚販売に
立ち寄り、「家族にばれるので、カワハゲ(カワハギ)にしておけ」
の忠告も聞かず、石鯛一匹6千円を購入し、
カワハギ
「いつまで生きられるか分からんのに、美味しい魚を
食わにゃあのお」と、言いました。
家では、ばればれで「今度は刺身になっとるんを買うてきたら」
と、言われました。
石鯛
知らぬが仏
「うちで釣れる鯛はH本さんのを除いて、全部うちの本虫で釣れちょる。」と、T田船頭。
「鯛は落ち込みに沿って、つがいで餌を探しちょる。餌を見つけるとパックリよう」
と、身振りを交え説明しました。
密かにタイ虫を別の店で購入している私達は、ぐつが悪く
(体裁が悪く)思わず顔を
見合わせました。
(人と人の付き合い方に反する行いをした場合に、ぐつが悪いと用いると感じます)
エイがどっさり
エイ   私が毎月作成する釣りニュースで、エイは美味しいのに、
捨てている会員がいると書きましたら、H本さんの奥さんが
「エイは捨てたらいけん」と、主人に一言。
さらに、遊漁船の船頭にも念を入れました。
H本さん、いにしな船頭からエイをどっさり貰い、好意を無視して
捨てる訳にもいかず「
女房がいらん事を言うた。赤エイならええが、
黒いのもおるけえどうにもならん
」とぼやきながら、持ち帰りました。
泣きっ面に蜂 カナコギ(ハオコゼ)
私達の会則にカナコギ(ハオコゼ)賞が有った時、S岩さんは賞を狙って、
爪の間を刺されながらも、釣れたカナコギをクーラーボックスに入れました。
検寸時に一匹差で逆転され「
痛い目をしただけじゃ」と、ぼやいていました。
指先の一番敏感な所だから、さぞかし痛かった事でしょう。
棘の部分を切ると白い毒液が相当出ますから。
オコゼ おこぜが釣れた場合、お腹の皮を摘んでハサミで
背びれの根本を、棘もろとも切り落とします。
こうすると安全です。
相性が悪い
「大黒神島ではチヌが釣れん。相性が悪い」と、小さいクーラー持参のT本さんが
言いました。「ハリスを長くすれば絶対釣れる」と、私は答えました。
それで釣れましたがハリスのチェックを怠り、目の前で40cm級チヌに
逃げられました。それで、慰めの言葉「釣れても、クーラーに入らんけえ」
慎重派 トラハゼ
子供用の網を持ったS岩さん。
「メダカでも掬うんか?」と、言われていましたが、
竿上げする度に網を持って移動し、トラハゼでも網で取り込んでいました。
「大して釣れもせんのに、逃がしたら惜しいけえのお」だそうです。
穴子がこわい アナゴ
スポーツマンで、四輪駆動車を所有しています80キロ級のS井さん。
穴子が苦手で、釣れるとハリスを持って振り回しています。
こわいんじゃ〜」・・だけど、捨てることはなく、持ち帰ります。
穴子は食べると美味しいですから。
奥の手 
行きしな(行きがけに)「ようけ魚を釣ると、女房がグジグジ言うけえ困る」
(沢山、魚を釣ると、女房が愚痴るので困ります)と、S岩さんが言いました。
「しごを手伝わんの」
(しごは捌く事です)と、尋ねると、
「面倒くさいけえ、よそへやれえや言うちゃるんじゃ」と、答えました。
今回、S岩さんチヌの大漁で「よそへやれえ言うんじゃろ」と尋ねると、
「ほうよ、ほうよ」と、笑って答えました。
広島弁では、いにしな(帰りがけ)寝しな(寝がけ)起きしな(起きがけ)があります。
悲劇
風にクーラーボックスを飛ばされ、餌を失ったH本さん。
さっそく携帯電話で渡船店に連絡しました。
「迎えにきてくれ〜、餌を飛ばされた〜」留守番の奥さん残念そうに言いました。
「お父ちゃんは餌を採りに行っておらん。時間が来るまで待っとりんさい」
H本さん風が強くて筏は揺れて眠るわけにもいかず、「
往生たれた
*往生まいたとも言います。
(閉口した。非常に大変だった。)と、ぼやいていました。
クーラーボックスに座って、じっと迎えを待ったそうです。
独断と偏見の私の広島弁講座
大正生まれの能美島出身の男性と話していて、往生たれた事をこうりかたいだと、聞きました。
こうりは、行李
(こうり)で、かたいだは、担(かつ)いだです。家庭がもめて、どうにも解決できず
自分から行李に生活道具を詰め、担いで出て行く事から出来た言葉だそうです。
本虫採取工具 船にロープで結わえ、櫛(くし)の部分で
海底を曳き(ひき)、本虫を採る道具です。
網に本虫が入るのでは無く、櫛の根本部分に本虫が
掛かります。その他、本虫を採る方法は、手堀があります。
欠陥ハリスの使い道 
H本さん、五号ハリスを三度切られ「安物ハリスはいけん」(安物ハリスは良くない)
と、ぼやいていました。
「拾うけえ、捨てんさいや」と言うと、「息子に使わすけえ」と言いました。
(海中を見ていないので想像ですが、エイの大型は尾を曲げて、尾の棘(とげ)の根元で
ハリスを切るのではないかと思います。そうだったら、メーカーさんごめんなさい。
私はアジワ島の筏で三回連続切られた経験が有ります。

アヒルの親子 
マイボート所有の(故)阪口さんと安芸津のカキ筏で釣る事になりました。
人数が多いので、各自ゴムボート持参と言う事になりました。
現地でカキ筏にロープで結び、ゴムボートで釣りましたら、釣れるは釣れるは
ウハウハと喜んでいましたら、監視船が現れ、追い払われました。
「筏にロープで結ばんでも、筏周りで釣ったら駄目じゃ〜」
ゴムボート同士をロープで結び、母船に引かれヨタヨタとアヒルの親子の様に
筏から離れました。

(ゴム製のボートだからロープで引くとゴムが伸び、一瞬止まっていて、
急にビヨヨ〜ンと動きます。それが繋がっていると各ボートは勝手に動き、
面白い動きになります。)
腕の差か? 
弟が、私と釣りに行ったら、いつも釣って来ないと妻が愚痴(ぐち)を
こぼしたと話しました。
最近は釣らせて無いので、反論できませんでした。
そこで、釣らせようと前回私が大釣りした筏を譲り、私は隣の筏で釣りました。
しかし朝から釣れるのは私ばかりで「
いっこんも釣れん」と、不満を言いました。
                 (一匹も釣れません)
納竿間際に、やっと弟にチヌが釣れると同時に、私には真鯛が釣れました。
弟の結論は「釣れたと言う場所で釣るもんじゃない」
「川本の親父が、ここでよう釣れたと言う場所で釣っても、いつも釣れん」
・・大釣りした場所は、釣り荒らされた場所になっているのでしょうか。
地御前の川本の親父さん、お互い反省しましょう。
(川本さんは正直者で、尋ねると「いっそ、釣れん」(全然釣れない)と正直に言ってました。)
いっこも釣れん」「ひとつも釣れん」「ちゅうに釣れん」「よいよ釣れん」とも言います。
この潮でよいよ(全く)釣れんなら、よいよの(本当の・全くの)下手じゃ。
釣り用語では全然釣れない事はぼうずと言います。

頭に毛が無いを、食い気がないの気に、こじつけているそうです。
どうにかならんかいのお 
雨降りに雨具のズボンが、かごむ(屈む)(かがむ)度、お尻の方が下がるのには
往生たれます。
(閉口します)
お尻がひやい
(冷たい)ので確認すると、ズボンがほうくり出て(ガバッと出て)
びしょ濡れ
(ずぶ濡れ・びっしゃことも言います)になっています。
独断と偏見私の広島弁講座
(ほうくり=ほっくり とも言います)
ほうくるを通常用いるのは、投げる(ほおる)です。「そこのボ〜ルを、ほうくってくれえや。」
投げると用いる場合は、いつもここへゴミを投ぎゃ〜がる。
(捨てる・置く)
「暑くて布団からあがいて
ほうくり出とった」は、あがいて布団から放り出ていたです。
「ほうくり捨てる」「とり捨てる」は、放り捨てる。「ほうくり投げる」は、遠くに投げる
放り捨てる意味になります。
そこらに、ほおくっとってやと柔らかく言うと、置いて下さいの意味になります。
「竿をほうくっとったら釣りゃあせん」の「ほうくって」は、ほうりっぱなし
(ほったらかし)
の意味になります。説明するといたしい
(難しい)ですが、広島県人じゃったら、自然に喋ります。
雨具をづり上げ安心していても、知らぬ間にづって(下がって)います。
づら
(下がら)ないと餌を付けようと屈んだ瞬間、バリッと破れ、破れを覆う事も
出来ず雨水が下着をよぼって
(伝わって滴る)びしょ濡れになり、股を拡げて
歩いた事があります。「
ビチョビチョじゃあ。気持ち悪いの〜・・
「太りすぎじゃあ、ちいたあ痩せえや」の声も有りますが・・


現在は、当時から13kg痩せています。
何か、おかしいのお! 
本虫が余り、冷蔵庫に入れて保存しました。
朝、冷蔵庫を開けて妻が言いました。
「あなた。これ何!」
「本虫じゃ〜」と答えると、
「食べ物の上に置いては駄目じゃないの」
「ビニールで包んでるから、ええじゃないか」
やめてよ〜。あなたの言い方だと、布巾も雑巾も同じじゃないの!」
広島出身の女性なら、
「布巾も雑巾もいっしょくたねえ(一緒・ごちゃまぜ・ごっちゃ)、うちゃあ(私は)
きしゃなあけえ(汚いから)、もてんけえ(我慢できない)」
結局、本虫は冷蔵庫から出され、毎日が釣りの大西さんに使って頂きました。
本虫を食べた魚を、美味しいと言って食べるのに、本虫だけだと気持ちが悪いのが
不思議です。
エピソード(食べ物編)
エピソード食べ物編
直線上に配置
鉄の重し